撮影会のツアーとかじゃなくて、ちょっと花畑を撮る機会があったので撮影してきました。

DPP_PH0003_20140414001412123.jpg
お花畑の流れるような曲線の構図を意識してみました☆

DPP_PH0004_20140414001417f71.jpg
どの写真にも言えることですが、今回の主題はお花畑なんですね。だからお花畑の配分を大きく取ってます。三分割方って言うらしいんですけど、これを知らない頃は空と大地の比率を1:1にしてしまうんですよね。なるほどなぁ~とか思ったりしてw。奥に建物とか人とか入れることもアクセントになってる気がする。

DPP_PH0005.jpg
咲いた~咲いた~チューリップの花が~♪しっかりボケさせて頂きましたよ。後ろの方々がボケ担当ですわ。(笑)

DPP_PH0006.jpg
別になんてことはない写真なんですけど、まぁこんなふうに赤白黄色とあったんですわ。。

DPP_PH0007.jpg
これもなかなかバランスが取れてると自分では思ってるんですけどね。

DPP_PH0009_20140414001524108.jpg
縦構図ってずっと縦長のモンを写す時に使うと思ってたんですけど、それだけじゃないのだそうです。横が広がりを表現、縦が奥行きを表現..また限りなく続く被写体をどう切り取るかで仕上がりも変わってくるというモンですよ。

DPP_PH0010_20140414001526c83.jpg
これは前ボケと後ろボケを組み合わせて一輪のチューリップに上手く焦点を当てられた作品になってるんじゃないかな?ちなみに今回はマクロを持って行かなかったので接写はやってないんですね。マクロを装着すると五月蠅いくらいマクロ撮影してしまうし、自分はどちらかというと広い画角の風景とかが好きみたいです。
スポンサーサイト

ちょっと機会があったのでディズニー映画最新作の“アナと雪の女王”を観てきたんですけど、これ、なかなか売れてるらしいですね。一番売れた“トイストーリー3”を超えたとか。トイストーリーとかプレーンズなんかが男の子向けだとすると、アナやラプンツェルは女の子向けですよね。でも本来後者の方がディズニー映画らしいと思います。色合いとかがね。こういう夢色の世界観を求めてディズニーを観たりするんですから。。原作はアンデルセンの雪の女王とのことです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。