いかじゅうさんが年始の計画を立てているそうな...。これといったネタがないので、今回はそれに便乗しようと思ってたりする。西表島のトレッキングなんだそうだが、そのトレッキングツアーと宿を抑えたらしい。。トレッキングって1日なのか2日なのか?そもそも縦走となると結構な距離になると思うんだよね。カヌーとか使うのか?もしくはトレッキング1日、カヌーとかシュノーケル、はたまた鳩間島ツアーとかも含むのか?これは今度会ったときにでも訊いてみないと分からないですね。ただ1つ言えることは西表島2泊ってことですかね。

で、当日は現地集合となるので(休みの日程が違うのでアクセスは各々で行ない合流する)、石垣までの飛行機、西表島までのフェリーは自分でなんとかしなくちゃならない。まぁ簡単なことなんだが。。

まず飛行機なんだが、JALの先得なんかは既に完売済みだ。キャンセル待ちを設定しておいて出ればゲットという方法もある。経験上必ずキャンセルは出る。まだ発売前の通常料金は5万円を超えており往復で10万以上はやり過ぎだ!と、もうひとつLCCのピーチが石垣に乗り込んでおり、これなら先得よりも安く2万を切るのもある。…それで行こうか?を悩んでいる。ただ関空7時5分発という問題...これ、始発に乗れば6時9分に関空に着き可能と行けば可能。ただ真冬の早朝ってのがネック。9時10時くらいが有り難いんだけどね。。でもその2時間3時間の違いでトータル5万以上の差が出てくるならしょうがないのかな?

それと最近は船浦港って使われてないんですね。最後に訪問したのは2005年で2006年からは上原港が整備されてそちらに統合されたそうな。。いやぁ~あれから随分と時間が流れたんだなぁと。なんかSOSAさん(←もはや懐かしい!)の西表島開発反対運動もむなしく、がらりと雰囲気を変えておもいっきりリゾート地化されてたらどうしよう!?って不安もあるんですよね。あれから9年ですから。。だいたい今から宿取ってるって民宿とかじゃない気がする。あんなとこ2、3日前でもいけると思うし、携帯の電波もしょぼしょぼだった西表島が今やwifiや全室インターネット完備のホテルなんじゃなかろうか?SOSAさんのあの頃の熱い思いを踏みにじって立てたホテルなんじゃなかろうか?(くどいw)同じちゃりだー出身者としてなんか複雑な思いですわw。
スポンサーサイト

昨日まで晴れ・曇り予報だったのが、今日になって雨って許されるのでしょうか!!?まぁ小雨くらいなら決行してもいいのだが、出発直前そこそこ雨脚が強まってきた感じだし、何となく気分が萎えてしまったので止めにしました。こういうのってモチベーションが大事だし、それよりなにより安全第一だからね☆

じつはこの夏決行した月山も一度台風接近で断念してるんですよねぇ。三嶺~剣山も今回は見送るとして、月山のように次回成功すれば良いという願いを込めて。。

ということで今年は本格登山はないでしょうね。そのへんの里山やサイクくらいはあるかもしれませんが。。

知らぬ間に時間が流れ2カ月以上も経ってしまったようで、いろいろ書くネタがないわけじゃないけど...そうこうしている間にも多くの方々がブログやらツイッターやらで情報を流してるわけで、そうなるとこちら側としては傍観者側になろうかと思ってたわけですよ。世の中バランスが必要ですから。。…なんて言う最新型の挨拶はそこそこに秋旅の告知の方させて頂きます。

方面は剣山です。ただ剣山だけでは味気ないので三嶺との縦走で考えてみました。これ、剣山だけなら初級程度なんですが、三嶺も含めると12時間以上のコースとなり一気に上級者向けになるんですよね。それでもよく知られているコースだし秋の紅葉期にはなかなかの景色が楽しめるんじゃないかなぁと思いまして。。ちなみに今年は3連休は取れなかったので土日の週末で決行しようかと考えてます。

10/19 朝、阿波池田までアクセスし登山バスで三嶺方面の名残まで。じつは朝1便のバスに乗るためには前日アクセスしないといけない感じなんですよね。2便だと名残に午後着になり行動に制限が出てくる。ちょっと面倒なんだけどな。。交通費多少割高でもいいから19日朝からアクセス可能な方法は無いんだろうか?模索中。。名残から三嶺に上り途中の避難小屋泊予定。

剣山側の見残しからアクセスし、剣山山頂の宿泊施設を利用するのが一般的なんだけど、そうすると2日目がかなり長いコースになってしまう。コースタイムが9時間で多分経験則で休憩やら写真タイム、ロスタイムを含め12時間くらいかかると思う。帰りのバスが15時半とかなんで2日目の出発が朝3時くらいで考えなきゃならない。それちょっと厳しいのでその案はパス。あとは多分三嶺の方がたいへんそうな気がするから、初日のたっぷり時間があるときにこなしておいて、有名な剣山ゴールの方が良いかなぁ~と思ってね。

また、避難小屋だと食料や寝具とフル装備じゃなきゃならないけど、幸いそういうモンを持ち合わせていたりするんですよね。逆にたまに使わないと宝の持ち腐れになってしまいますから。登山ザックも中くらいのと大きめなのとあって、やはりシュラフとか食料・火器などを持つと大きめが必要になってくる。

10/20 つまり剣山は見残しまでですよね。まぁいろいろ見るところ散策するところは多いですから、時間と相談しつつですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。