キャノンからいよいよミラーレスEOSが出たことに関して...

本日、店頭に展示されていたので少し触ってみた。しかしなんだ10万も出すくらいならぜったい一眼レフの方がいいと思うのだが。。まぁ5万くらいに値崩れしてからかな?…でもそれでも中古とか型落ちのモンを買う方がお得と思うのは私だけだろうか。。軽いコンパクト以外のメリットはあるのだろうか?

これまでのレンズとの互換性があるのは大きいと思う。キャノンはレンズが豊富と言われるし。。その場合は別売りのアダプターを取りつけなけらばいけないらしい。で、あれこれやってるうちに重さは一眼レフと変わらなくなってくるんじゃなかろうか?

まぁ写真のクオリティーは良いかもね。。標準装備しているレンズは22ミリの単焦点と18~55ミリの広角~標準レンズでおそらく風景メインなのだと推測する。あくまでサブ機的位置づけだと言うのが私の見解。

たしかに一眼レフを持ち歩くには、それなりの“持っていくぞー!”的意気込みが要る。ポケットに収まらないし、専用のバックを持たなくちゃならない。その点コンパクトは手軽で良い。写真の出来は言うまでもなく一眼レフの方が良いが。。これは悲しいことにそれを知ってしまった人間の苦悩だったりする。どっちを取るかはその時行く場所撮るものが何かによる。

……

…ふと思う。オリンパスは早い段階からミラーレスや防水カメラを出していたことに関して高く評価したい。業績はどうであれ、よく顧客のニーズを理解していると思う。耐久性や持続性でもそれがうかがえる。自分なら今の段階ではオリンパスペンか関西だしお得感のあるパナのルミックスがサブ機としてはありかなぁって感じ。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。