なんか噂によるとまりもがなくなるみたいですね。まりもまでが。。オホーツクは存続するのでしょうか?あれは流氷列車として人気がある一方で、まりもはだいたい空席がありますからね。関西から九州方面および山陰の夜行が消えゆく中、ちゃくちゃくとその他の路線も姿を消してゆきます。

新幹線の本数は増えてますます便利に…って謳ってますけど、需要が見込める都市間並びに集客出来る時間帯にのみであって、地方アクセスは余計に困難になってる気がする。いや、絶対にそうだ!

時間を有効活用できる夜行がなくなるのは痛いでしょ。いくら新幹線や飛行機が速いって言っても、前日の夜中から走り始めて、休み1日目の朝に現地に着くような気の利いた夜行には勝てない。少なくとも社会人兼国内ツアラーはその不便さを感じているはずだ。新幹線・飛行機はその運行中に費やす時間が短いことに価値があるだけで、運行時間・運行区間で問題を残している。さらにツアラーにとってどうも新幹線や飛行機は場違いな面がある。こそこそと人目をしのいで夜中から旅立つ心地よさって分からないんすかねぇ~(-ω-;)..



私の新持論...

経済が進むにつれて長距離列車はなくなる。よって夜通し走る夜行もなくなる。(コスト面を考えても。)長距離列車は非常に効率が悪い。なぜなら過密地域も過疎地域も同じ本数同じ収容能力なのだから。。都市間では車両・本数を増やし、区間をいくつもに区切って儲かる区間ばっかり濃く運行すれば良いのだから。しかしあまりに商業的な考え方だ。これじゃあ旅客鉄道と言えない。ただの流通経済だ。ふと思う..タイ国鉄のような無駄とも思える長距離列車ばかり走らせてる環境が羨ましかったりする。
スポンサーサイト

世界遺産に落書きとかいうニュースに関して、

あ~分からなくもないのだが。(爆)自分は書かないが日本ではよくあることと思う。今更感。。北海道の宗谷岬のバス停には知り合いの名前すら刻まれてあったし。。幸福駅もそうだけど、なんか記念を残して帰るっていう習慣はありますからねぇ。。

登山家や冒険家が旗を立てる感覚じゃないの?思いあたる節はあるでしょ??

まぁ価値観の違いとか、海外でも日本と同じように振る舞うことの浅はかさは確かに問題でしょうね。

しっかしアユタヤーに行ったときに日本語で“遺跡の上に乗って写真撮影しないで下さい!”って書かれてたことには参りましたね。(苦笑)

ちなみに自分はひとつだけ書いたところがあります。千座岩屋という海触洞の柔らかい岩にw。

どうやら今年の正月の豪州・ケアンズ旅が最後のチャンスだったようですね。

原油高の高騰で燃油チャージャーが自分が行った時よりもさらに倍ぐらいに上がってJ●L便とかなら往復6万くらいになるみたい。。ちょっと今後しばらく海外は厳しい時代に...。ほとんど1回分の旅行費を燃油代に持っていかれることになりますからバカバカしいです。

さらにJ●TSTARことカン●ス航空のケアンズ便が今年秋から関西発が中部発と統合され、続いて12月には関西・中部から撤退するとのこと。ローコストで日本企業に参入することが約束のため容易に価格上昇が許されない…そのため赤字続きなんですって。。

よって来年正月にオーストラリア旅を選択してもかなり厳しい状況になっていたため、ホントぎりぎりのところで行けたなぁと強運を感じております。関西発じゃなく中部までアクセスすることに一瞬の戸惑いはあったものの、インスピレーションで強行に踏み切って良かったんだなぁと。

…しっかしここHPで紹介している旅のいくつのアクセス手段が消えてなくなってきたことか。。

ダラダラと糞面白くない文章をお休みして、たまにはこういう人並なブログ更新もいいもんでしょ♪

DCF_0010.jpg


ああ~なんだかこうやって記事書くんだ~ってやってて思いますもんねw。

DCF_0009.jpg


創作料理とか、新しく買った靴とか洋服とか、ペットとか...そういう日常的な或いは散歩中に見た景色とかを公開して共感を呼ぶみたいなw。

DCF_0006.jpg


そういうモンにワタクシめも便乗してやってみたりもするんですよ。なにせHP更新・ブログ更新は発想の柔軟性が大事ですから。。

DCF_0003.jpg


家の近くの公園に花菖蒲がこの時期になると咲くのですが、以前も公開したと思うんですが、、桜よりも個人的には好きですね。この水辺や湿地帯に咲く感じ。。鳥もいろいろな種類のモノが飛んできてバードウォッチング的なことも楽しめます。憩いの空間ですね。。

DCF_0002.jpg


でもこれ、携帯で撮ってるんですけど、さすがに300万画素超えるとわざわざデジカメ持ち出す意味がなくなってきますよね。旅行とか本格的にならない限り。。保存件数も死ぬほど出来るし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。