夕方に難波を歩くのは久しいことです。

子供の頃、日曜日に家族とお出掛けして、映画を観たり、食事したり、戎橋を歩いた記憶がよみがえります。

でも、そんなに楽しいモンでもなかった。何だろう~ああいう人通りの多い街中って、活気に満ち溢れているように見えるけど、どことなく寂しい。何も用が無くても、ただ歩いてるだけで時間が潰せてしまう空間。。

いや、ちょっと用事があったんですよ。なんとなく難波なんて行かない人間ですから。。


あ!そうそう...明日朝のめざましTVは録画しておかなくちゃ♪
スポンサーサイト

風は 北風冬風 誰を誘いに来たのか♪by井上陽水「小春おばさん」

いやぁ~急に寒くなりましたね。

真冬の風の中に消えそうな~♪by同氏「winter wind」

もう、今朝起きたときちょっとでも会社休んだろか?!(爆)って気持ちが過ぎったよ。さすがにバイトだったらばやりかねないけど(怠)、そういう自由な身分でないからねorz。

早くもズボン下を履くことに。。やっぱ10℃下回ったら寒いですわ。。あっ...ひとつ付け加えておきますが、寒がりじゃないんです。暖かいの好きがりなんですw。

ところでニュースとかで“木枯らし1号”とか言いますけど、この“木枯らし”って具体的にどういうモノなのか?いまだにワカラン。。辞書によれば、“秋の終わり、冬の初めに吹く強く乾いた風”っていうことだけど、これ、曖昧過ぎません?

いちおう気象情報で発表するんだから、風速○メートルで湿度○%、温度○℃って基準があるのかな?

まぁでも入梅の発表とか、案外こういうのって適当なのかもしれないですよね。。(爆)何せ天気相手ですからw。

なんかもやもやと憂鬱なんですよねぇ...
いや、これは自分の中からキテるモノじゃなく、そうさせてる環境~♪

金・土は相方いかじゅうさんと旅前オフですわ。。
だいぶ計画は詰めることが出来ましたよ。

残りのキュランダのリクエストとヘルメットの調達、アサートンの地図をプリントアウトして冊子風にしてみましたw。アサートン以外はガイド本で大体分かるからいいやってな感じで。。

師走は休みがどうなるかが分からないし、この辺りはあっという間に年末になるだろうから、ほとんど11月のうちに決めとこうと思って...でももう行けちゃうくらいですよw。



またちょっと考えたんだけど、自転車持込ならケアンズ到着後、市街に向かわずに直接パームコーブってのもありだと思う。距離も省けるし、早朝サイクリングの方が清々しいでしょう。。

サイクリングとビーチ散策を少し楽しんだ後、昼頃にケアンズ市街に戻って来る。で、午後からのキュランダツアー参加。やっぱこの鉄道は観光色が強いんで、あまり場違いなことはしない方が良いかと思う。まぁちょっと疲れてきた午後からは気楽なツアー参加(←といっても送迎くらいであとはフリーです。)が妥当かなと。。

夕方に戻ってくるから、あとは宿でゆっくりするか、ナイトマーケットやらに繰り出すかは自由。。でもここでも市街散策に自転車は重宝するでしょうね。

さらにどの日も夕方から時間が空いてることになるので、ゆっくりするも良し、ナイトツアーを組み入れるも良しってことになる。

アサートン辺りはあまりガイド本では紹介されてない。いや、されてるものの、かなり端的にまとめられたくらいしかない。でも、高原の雰囲気やキュランダからアサートンまでの景色が、熱帯雨林から乾燥地帯サバンナと移りゆく感じでなかなか魅力的なのだそうだ。。

キュランダ観光鉄道とアサートンを絡め、且つこれらをフリーでこなすとなるとかなりの体力が要する。強引に輪行しケネディーハイウェイとかをぐるっと廻ってケアンズに戻ってくるとなると、120~150kmくらいだろうか。。もちろん観光時間や列車の時間を考慮に入れるとまず無理な話。

しかもハイウェイの上り下りは絶対煽られる!危険!!高原地帯に入るとちょっとはましなんだろうか。。


…てなことで、キュランダとアサートンを分割しちゃおうかなって考えが浮上してきたんですよ。

アサートンを3日目に持ってくる。ホワイトカーコーチズとかいうバスが運行してる。バスに自転車は持ち込み可能。ほぼ原型でも良さそうなことは書いてあった。輪行すればまず問題ないだろう。となると輪行バックくらいは持参した方がいいかもね。現地で入手困難だろうし。。

ケアンズ8:30に出て、アサートン10:15着。帰りはアサートン15:30発で17:15にケアンズに戻ってくる。およそ5時間の滞在時間を利用して、アサートン散策ってのはどうだろう?湖や滝が点在しなかなか魅力溢れると思う。

ちなみに調べていくうちに分かったんだけど、アリ塚や野生動物はこの辺りにはけっこう見かけるらしい。。となるとフリーの方がぜったい気ままに楽しめると思う。

マリーバも考えたんだけど、距離が離れてるし、その移動に時間をかけるより、一点に絞って観光に時間をかけた方が賢明でしょ。まぁアサートンの方がいろいろ見所がありそうな予感がしたんで。

これで2日目フランクランド、3日目アサートンとかなり濃い内容になってきたw。あとは1日目だな。。相方の言うパームコートを外したら怒られるだろうし、それなりに自分としても行ってもいいかなぁ~という気持ちもある。ただ、キュランダ観光だ。

キュランダ午後からの半日ツアーというモノに参加する。これは行きはスカイレール、キュランダで1時間ほどプチ散策して、帰りにキュランダ観光鉄道ってモノ。となるとパームコープは午前中という短縮モードになる。

レンタサイクルは8:00から。8:00に借りて(←3日間借りっぱで良いかと思う。なんでも1日って次の日の夕方までだとか。)日差しのこともあるし、サイクリングは午前中だけでも良いかなぁ~と思うんですが。。なんか朝・晩が過ごし易いとか書いてあったし。気温が上がってくる午後からはツアーに参加するみたいなw。

それかパームコープを最終日の早朝サイクリングに持ってきて、1日目はキュランダ観光に徹するか。。パームコープは各ツアーのあとナイト散策とかも星が見えて良いなんてことも書いてあった。まぁ面倒なら行きだけサイクリングして帰りはバス輪行しても良いんじゃない。。まぁもうちょっと時間が欲しいところなんだけど、1日もかける程の事でもないと思う。

PS:天候に関してですが、雨季といっても1日中降るわけじゃなくて、晩から朝にかけてが多いようです。しかも1月初旬くらいはまだそれ程でもないらしい。後半から本格的になるんだとか。。

地図で距離感覚を調べてるんだけど、オーストラリアの地図ってガイド本によってなんでこうも違うんだろ?って思うよね。全然参考にならんし。。ちなみに車で1時間くらいって言っても、100kmとかで飛ばすからけっこう遠かったりする。

2日目のフランクランドは固定であるし、とくに不満は無いのだけれど、1日目、3日目で悩んでるんですよ。3日目のキュランダ観光に動物ツアーを絡めたツアー参加が、いろいろ考えていくうちにどうもしっくりこなくて、要はキュランダ鉄道にはライト鉄道マニアとしては乗っておきたいし、かといってあまり拘束されるのはイヤなわけ。。

…多少自由度が欲しい。なんか楽なんだろうけど、バスを降りて“ワラビーがいます。”とか“カモノハシを捜しましょう。”とか“コアラを抱いて記念撮影です。”みたいな流れ作業的にこなされるのに抵抗を感じる。。

アサートン高原をもっと自由に廻れる方法はないのか!と考えてるんですけど…ここってキュランダからマリーバまで40kmほど、さらにアサートンまでだと100kmくらいある。


PS:ちょっと晩から予定があるんで、犬の散歩をしてから出掛けて夜中に続きを書きますw。

先得割引が使える会社がいいと思う。やっぱりね、みんないろいろと事情があるんだから、そこは侵さないでもらいたいよね。世間では賞味期限切れ商品がどうとかが流行ってるけど、人も時間も同じように決められたルールを守って成果を上げるモンなんじゃないのか?と言いたい。。

…しばらくは悶々としているので愚痴から始まります。お見苦しいでしょうがかるくスルーしといて下さい。<(_ _)>

ホントにヤバイんで、あれこれと身の回りの整理を進めております。オフもどうなることやら。。いや、出来るんですが、気分が乗らないorz。

まぁ個人では催行不可能なフランクランドだけはいちおう申し込んでおきました。キュランダに関しては、もうちょっと考える余地があるかなぁと思って留まっております。

スカイレールや観光鉄道というオーソドックスな行き方に動物体験ツアーを絡めたセットプランで考えてたんですが、マリーバ、アサートン高原が気になりだして、もうちょっと自由度の高いプランは無いか?って考えてるのですよ。

じつはキュランダ観光鉄道とはべつに、キュランダよりも奥地(?)へ鉄道が延びているんです。でもそれって往きは水曜、帰りは土曜しかないんで使えない。

早朝バスでアサートン直行ってのもある。ただ、これだとキュランダを通過してしまうし、名物の観光鉄道にも乗れない。やっぱ比較的アクセス可能なキュランダを押さえつつ、さらにもうワンステップ欲しいところ。。

自転車を持ち込みバスでマリーバくらいまで行き、ケネディハイウェイを下りながらキュランダまで。キュランダ散策をし、帰りにキュランダ観光鉄道で戻るプランとか。。

(´ヘ`;) う~ん難しい。。スコータイ並に技術が必要な気がする。やはり大人しくツアーに参加すべきなのか。。

細かい理由を書くのも鬱陶しいくらい。いや、べつに大した問題じゃないのかもしれない。ただ先行きが不透明なのと、相変わらずの計画性の無さにつくづく呆れてるわけですよ。。ちょっと他の会社がどうなのか?知りたいですね。

自分にとって重要なのは、お金じゃなく時間っぽいです。だから時間にルーズな今の職場のやり方が気に入らない。。いや、仕事なんだから多少は許すとしよう。。ただ、人の厚意に甘んじてずるずると何の対処もなく放っておくことにギモンを感じる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。