いかじゅうさんの『へタレ休日ブログ』にコメント出来るときと出来ないときがあるけど、これは故意なのか??って。。およそジャンル分けで自分のことを言ってるんだろうなぁとは分かるんですが。。

事実意欲が無いことは自分でも自覚はしています。ただ、がんばってするモンじゃないだろうし、その気にならないのに仕事のように淡々と続けるのは違うと思うんで。

写真…そんなんもらいましたねぇ。。ただ、携帯から他に転用できないんですよ。どう足掻いてもorz。。著作権とかあるんだろうか?自分で取ったのなら、ミニSDに落としてPCに取り込めるんですけど。。でも、旅日記には使いませんよ。他のコーナーで出来たらって参考までなんですけど。

旅欲やHP更新意欲(それでもまったく手がけてないわけじゃないよ。)が無くても、毎日ネットは繋いでるし、平均以上はネット依存していると思う。良い意味でw。まぁいかじゅうさんが凄いんでしょう?それにしてもあのアクセスカウンターはもはやどうでもいいと思う。。あそこまで回るともはや馬鹿げていると言うか、安売りしている感さえ出てきてしまう。

ちなみに放置はしてません。掲示板とかに荒らしが入ってもきっちり駆除しているところをみても分かるでしょう。。常に愛着はあるんでいつも気にはかけています。俗に放置して荒れてるところとは自分は違う!と自負しておりますから。。
スポンサーサイト

何故日本人が英語嫌いなのか?それは教え方にあると思う。教え方が日本人向けじゃない。。その入って行き方からして、日本人向けのテンションじゃない。。と言うか...妙にハイテンションであまり面白くない芸人風の流れでどうしても引いてしまう。。

まず基礎を固めてほしい。ある程度準備が整ってから本題に入るべきかと。いきなり会話文で慣れでやれ!って言っても日本人気質を考えればあまりに強引な展開なのである。

同じことが音楽や運動にも言える気がする。十分な説明無しにやらせてみて、素質があればいいが、そうじゃなかった場合にどうするのか??まぁ、自分だけかもしれないが、ちゃんと理屈付けて法則性とかを踏まえて教えて欲しいのだ。英語であろうが母国語であろうが教えるときは同じ感覚で(母国語と同じ感覚)やってほしい。。

教材ですが、スヌーピーの漫画(ピーナッツクラブ)なんてなかなか良いと思うんだが。。イラストが載ってて状況が把握しやすいし、噴出しが英語で枠外に日本語が載ってる。谷川俊太郎が訳してたのかな?日本語と英語が同時に見れて、日本語の並びと英語の並びが比較できるし、表現を方法や意訳の方法などさまざまな面で収穫が多いと思う。そしてなにより入って行き易いし、なかなか実用的だったりする。。

英語・国語と分類するんじゃなく、一つにドッキングさせ右に国語左に英語として常に対照させる方が入って行き易いと思う。。

今や90%以上の小学校で英語教育が実施されてるんだとか。ただ、今の段階では週に1時間程度の慣れ親しむ感じで行われており、内容も歌や身振り手振りの授業と言うよりかレクリエーション風で成績もつけないらしい。。今後必修にするかどうかが問われている段階なわけで...。

ん~これに関して賛否両論があるわけですけど、石原都知事が言うには、“中途半端にあれやこれや手を出す前に、もっと母国語をしっかり身につけるべきだ!基礎がなっていないとどうしようもない。。”みたいなことを言っていた。自分もこれに近いけど反対派というわけでもない。

今の教育のあり方に違和感を覚える。いきなりHello!だのHow are You?だのどう考えても日本人では考えられないテンションでやられてもorzって感じなのだ。しかも楽しいようなフレンドリーな感じを装うところがまた苛立たしい。。

遊びのように入っていっても、結局遊びじゃないと半年もすれば分かるのだから、はじめから真剣に取り組んで欲しいのだ。ちょっと違うかもしれないが、ゲーム或いは新しく電化製品を購入したときに、より複雑なものは取扱い説明書を読んである程度理解してから本体に取り掛かる。ようはそんな感じ。。慣れるにはあまりも文化が違いすぎるから、まずはしっかり頭に基盤をインストールしておきたいのだ。

うちの親の世代はそういう基礎みたいなのが始めにあって、そこからスタートしたらしい。。今でも思うのには、発音の問題がちゃんと出来たという実感が一度もない。なぜならそういった基礎を省かれて慣れ親しむ教育ですすめられていった結果だからだ。。なぜきちんと基礎を固める方針をやめたんだろうか?

まぁちょっと長くなってきたんで次回に移ります。次回は何故日本人が英語嫌いなのか?とどういう教育にすれば良いのか?を考えたいと思います。

仕事の指示ってのは、大まかに流れだけ言って、あとはやる人のセンスとかを考慮しつつ細かなところまで茶々をいれないタイプなのです。まぁアドバイスとかはありますけど。。

自分が人の話をあまり聞かないと言うか、要所要所だけ抑えてあとは自分好みに換えてやりたい主義なんで、細かな順序とか指定されるとイヤなんですよねぇ。。

でも、仕事って例えば先輩から教わるときに、そんなちゃんと教わった記憶もないし、自分の経験と感が今や8割9割を占めてると思う。。つまり教える側の力量というよりか、やる人の能力ややる気がその後の成長に繋がってる気がするんだよね。

言われた通りにやるのは、言われたことしかやらないのと同じこと。それ以上やった場合は良ければ褒められるけど、まずいことをやってしまうと当然叱られる。ただ、出世する人ってのは、言われたこと以外にも余計なことに手を出して失敗しながらもその経験が生かせる人だと思う。。

そういやぁ~新庄が阪神時代のユニホームを着て注意を受けたらしいけど、大人になって思うのには、ルールを守ることが必ずしもプラスになるとは限らない。事実こうやって宣伝効果になってるのだから。。

一世帯あたりの平均貯蓄額が1700万円ちょっとらしいけど、そんなモンあてにならないと思う。ていうか、どの家庭の通帳の残高を見せてもらったとしても、1700万円前後で推移しているのか…?んなわけない気がする。いや!絶対に!!

例えば1億円持ってる人が1人と残り9人が文無しだった場合の平均は1000万円。。この場合1000万円という調査結果は架空のもので、何のための平均?!って感じなのです。

まぁ、お金なんて偏ることが井上陽水氏の「最後のニュース」“世界中の人と愛と金が入り乱れていつか混ざり合えるの♪”って皮肉めいて歌われてるくらいですからねw。きっとあるところにはあるんでしょうけど。。

ちなみに2/3が平均以下で中間点が1000万円ちょっと...もっとも多いのが200万未満で悲しいかな多くはその日暮らしの野生生活者です。(爆)そりゃあそうだろな。。

関連記事

VFTS0089.jpg

どうもここんとこ低迷期なんですわ。。申し訳ないけど。

同じくらいネタがあってもなんか書く気が起こらないと言うか...絶好調ならどんな些細なネタでも大きく広げられるのにねぇ...。

そういやぁ気分転換に写真でも貼っておきます。この前の休みにちと鳥取方面に赴いたんですわ。そのときに撮った餘部鉄橋♪

今回のGWはなかなかの晴天続きで、自転車ツーリングの復活を果たした人も多い模様。。さんぴん氏やRANBU氏に関しては、野宿やキャンプとなかなかの強行軍を見せ付けてくれますw。もうしばらくやらなくなったから興味が無くなっちゃったのかなぁ?と思っていたけれど、全然そんなこともないみたいでチャリダー魂はちゃんと生きてるみたいです。

けっきょく日常の忙しなさに感けて埋もれていったんでしょうね。まぁ又ぼちぼちでいいから暇を見つけて1日でも続けていって欲しいですね。そういや~数日前の新聞に載ってたけど、自転車がもたらす健康と環境保全。。でもそれ以外にあるもの...精神のリフレッシュ♪健康や環境よりこれが大きいからやっているのかも??

仕事に関して不服を綴ってる日記やブログをよく見かけますが、仕事なんてモノは味気ないくらいが良いと思う。食で言うところの白飯みたいなモン。毎日食べても飽きない。でもとくに美味しいと言うわけではないし、無意識にこなしておかず(趣味)を引き立てる。おかずだけではくどいし栄養が偏る。日本が貧しい時代は白米くらいでおかずは殆どなかった。。

仕事をやり甲斐や美化する考え方は非常に難しい。。趣味や好きなことを仕事にしてると、最初の方はいいが、だんだん鬱陶しくなってくる気がする。好きなだけに自分に誤魔化しが効かなくなるというか。。毎日炊き込みご飯や丼物だと嫌気がさすみたいに。。ああいうモンはたまに食べるから美味しく感じるんだと思う。。

そもそも雇われてる以上最低限の賃金は約束されているんだし、自分ひとりでお金を得るよりずっと効率的だと思う。いちいちどうすればお金が得られるか?とかは経営者サイドが考えてくれてるワケだし、ほぼ言われるがままにアクセク働いてさえすれば大体は間違いないのだから。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。