あるイベントの準備をしなくちゃならなくて、それでも普段なんて殆ど時間が無いわけですから、後回しになってまるで進んでなかったりorz。なんかねぇ~当初“面白い♪”と思ってたネタも企画進行していく段階でなんか冷めてくるんすよねぇ...。“笑”ってなんか直感的にくる部分が多いと言うか、案を練っていく間につまらなくなってくることが多い気がする。ああいうモンは出たとこ勝負とタイミング、センスに大きく関わってくる気がするね。。それでも今週の土日辺りで何とかしないとなw。ていうか、そこしか時間がないし。。

…とまぁ、ようは結婚式の二次会イベントネタなんですけどね。。まぁ、それほど誰も気にしてないと思いますから、さくっと流せればいいと考えてるんですけどね。(爆)そんなこんなで旅日記やその他諸々の更新はまだ先送りになりそうです。

ちなみにかるく時事ネタでも。。オリンピック。。。ん~盛り上がりに欠けるというか、メダルが取れないとかありますけど、報道の仕方次第だと思うんですけどね。何処も彼処もメダルだの記録だのの視点でしか見てないというか、けっきょくそのときだけうわべだけの盛り上がりで、終わってしまえば何処吹く風状態なんですよ。。メダルも重要かもしれないけど、もっと根底の技術や演技を振り下げて伝えて欲しいなぁ~と思いますね。そういったところに本来スポーツの真の楽しみ方が潜んでいるかも知れないし。。
スポンサーサイト

今日、神戸空港が開港したようで。。相変わらずこのあたりは運輸業界激戦地区な気がして、いかに低価格で高品質なサービスが提供できるかが大きな課題になってくると思いますね。飛行機だとビジネスに旅行…そもそもある統計によると、日本人一人当たりの年間旅行日数は2日未満で、だいたいはビジネス利用が多いのか??だとしたら、国内の場合においてはJRや阪急・阪神利用の方が時間も正確だし、飛行機と違って乗り降りに余計な時間がかからなく、どうしても陸路に客層が偏る気がする。

飛行機の問題点は、飛行時間は他の交通機関と比べて短時間でより遠くまで移動できるものの、乗り降りにかかる手間(搭乗手続き・荷物検査)や空港までのアクセス、待ち時間で意外と時間ロスが生じる。しかも飛行機のフライト時間はかなり変動というか、遅れることが多い。これは着陸した飛行機が再び飛び立つまでの時間設定を30~40分ぐらいに設定しているため、到着が遅れたら出発も遅れるし、機内清掃やメンテナンス、客の乗り降り時間を考えるとかなりきつめに組まれているからだ。というか、個人的にかなり無理があると思う。。

どういう理由で、こんな切羽詰った時間設定になっているかは知らないが、考えられる理由としては飛行機のエンジンが止まった状態から起動させるよりも、そのまま起動した状態で続行させる方がエネルギー消費が少なくて済む。。とか、寄航費用が時間で決まっていて長く停機させることで無駄に費用がかさんでしまう。。とかだろうか??どちらにしてももう少しゆとりを持たせて欲しい。

あと、スピーディーに乗り降りできるようにして欲しいですね。それこそ鉄道の駆け込み乗車ぐらいの感覚でw。荷物検査って個人的にあまり意味がないと思うし、国内の場合は免除してもいいんじゃないの?って思う。結局X線検査だろうがあんなモンで危険物の発見なんて見つけられても殆ど見落としてるように思うのだが...。切符をかってそのまま搭乗口へでいいんじゃなかろうか。。飛行機ってあまりに従順に従わなければならない事柄が多くて束縛感をひどく感じるんですよ。。

つらい過去を思い出したくないのと同様に、楽しかった過去もあまり振り返りたくないのです。例えば旅をして帰ってきて、家の人に“楽しかった?”とか聞かれるのですが、殆どそっけない返事でやり通すことが多いのです。フリーで旅をしている以上、自分の思うように動いているわけで、楽しい或いは満足のいくモノであるのは当たり前なわけで、楽しくないわけがない。。そして“楽しかった。”と言うと同時にそれは過去の産物であることを目の当たりにし、先行きの暗さに落胆せざるを得ない...そういう状況に陥るのですorz。

とりあえず楽しかったですよ。北海道。。自分はどれくらい長い期間旅をすればホームシックになるのだろう?と思いますね。帰るときの方が憂鬱な気分になりますから。。このことを個人的にツアーシックと言ってるんですけどw。そういやぁ~何度も北海道に足を運ぶ人の気持ちが分かった気がしますね。同じ宿で東京から来ている一人旅の人がいたんですけど、2日で北海道ですよ!一般人からみるとある種末期症状ですから!(爆)もう一人は横浜からで、この人は4日ですけどこの時期冬休みらしく、それでも休みは年間通して9X日と短め。ようは時間が無くても行く人は行くんですね。。

その昔、カントリー娘。のりんねという人が北海道の冬は“白い!とにかく白い!”と言ってたのを思い出したよホントに白かったよ北海道@管理人なかしょうですw。ともかく無事に帰還いたしました。まぁ、いろいろありましたんですけど、今は面倒なんで報告まで。(爆)

昨日仄めかしていた週末アクションの真相...2/10~2/13まで北海道へ旅立ってきますw。思い立ったのは1月末(;^_^A 。。3連休だと分かって、それでも変わるか分からないので、直前まで黙ってました。流氷、雪まつりともベストシーズンなんで迷うことはありませんでしたw。

プランについて

2/10;千歳in-昼頃に支笏湖へ。氷涛まつり鑑賞のち夕方頃札幌。札幌では雪まつり徘徊と夕食をとり、23時札幌発釧路行の特急まりもに乗車。(車内泊)

2/11;釧路5:50着。釧路市街を少し散策し、9:05発?の釧網本線で摩周駅へ。摩周からは路線バスで摩周湖、硫黄山、砂湯、屈斜路湖、美幌峠などを廻り、15:00に網走の予定。。あくまでダイヤが正常に動いたプランであるが、いろいろ考えた末これがいちばんしっくり収まった。

摩周駅でバスの乗り継ぎ5分というのは意図的にそうなのかが問題。。もし意図的なら遅れたら合わすだろうし、じゃなかったらタクで追うカタチになると思います。ちなみに1日にこの1便しかありません。観光地で15分~20分ほど停車するらしい。網走でも雪まつりがやっているようです。

網走から知床斜里を経てウトロまで。これはバスを使おうか、列車を使おうか迷い中...。オホーツクの海を横に列車で駆け抜けるのも良いかもしれません。。どのみち斜里からウトロまではバスか、無ければタクになると思います。この日ウトロまで行く理由は、知床オーロラファンタジーを観るためですw。流氷も知床方面まで出向く方がよく観れるとのこと。。(ウトロ泊)

2/12;ウトロから網走まで出向く間に、北浜駅等で流氷原を眺めれたり、涛沸湖で白鳥や丹頂を見れたら良いなぁ~と考えてます。少し早起きして散策を考えてますが、どうするかは天候と体調で決めます。12:30の流氷砕氷船オーロラ号に乗って流氷クルーズ♪その後時間の許す限り網走雪まつりとかを徘徊予定。帰りは女満別outってことで。。。

…それでは行って参ります。~\(^▽^\)(/^▽^)/~

いかじゅうさんの済州島ツアー日記が公開されてました。(←相変わらずだが、何故IKAKANの方の更新履歴に加えないかギモン。。趣味の中ではかなりのお金と時間を費やしてる部類だと思うんだが。。)なかなか詳しく、けっこうこっちとしては付き添い感覚で参加してただけに、“そういやぁ~そんなこともあったなぁ~。”と記憶が少しずつ飛んでしまっているので、彼の日記を参考に自分のツアー日記をそのうちしたためていきたいと思いますね。(爆)

しかし旅日記というものは、すごく読み手側に面白く或いは活発にアクションを起こしていそうに書かれている...例えばSOSAさんの日記でさえ、よくよく読んでみるとその人の内に秘めたネガティブさがどことなく感じ取れる部分があったりするんですよ。。襤褸が出るというか。。(爆)いや、悪い意味じゃなく、逆にそういうところを垣間見ることで共感を覚えたりするんですけどねw。

どうもいかじゅうさんは異国の壁に相当参った的な感想をお持ちのようで。。それでもなかなか率先して喋ってた気もするんだが。私なんか相当テキトーにやってたし、その辺が私と彼の本質的な違いだと思う。仮に日本のように言葉が通じてたとしても、どのみちギクシャクする気がするので、あまり大差はなかったり。。(爆)

ちなみに自分の済州島ツアー日記と旅写真集の方はもう少しお預けということで。(^∧^) ところで週末アクション起こす予定です!詳細は明日発表しますね。。

先ほどNHK総合で沖縄の共同店についてやっていた。舞台はあの“奥共同店”であったw。沖縄最北の村国頭村奥地区の売店は、食料品から雑貨、日用品など必要なもの全てが揃う。売店横には給油所まであり、集落のオアシス的存在なのだ。。店のオーナーは選挙で選ばれ任期は2年らしい。1年に1つ或いは4~5年に1つくらいしか出ない物品だって置いてある。儲けることが目的ではないと言っていた。

この共同店は集落の人、子供から大人まで全員が共同出資で経営している。。言わば全員が株主ということだ。そもそも儲けることが目的ではないと言っていたが、儲かるはずも無く、儲かる地域ならすでにコンビになどの一般企業が参入しているはずなのだ。。TVでは今流行りの株の所有だの、儲かれば配当金がはいるのでは?とコメントしていたが、そういう感じではないと思った。(←ちなみに2年前までは配当金が5千円~2万円の範囲であったとか。。)

村営の共同店というシステムは沖縄だけらしい。。よく沖縄は好きで何度も行くという人がいるが、こういう文化をどの程度の人が理解しているだろうか。。少なくとも私はこの“奥共同店”を知っているのだが。。。(01年春沖縄ツアー参照w)

神戸電鉄で脱線とか、相変わらず脱線事故が後を絶たないのは、構造的に線路から車輪が脱輪する構造になってるからだと思う。。暴風とかスピード超過とか線路の上に何か載っていたとか...そんなことは問題ではなくて、絶対外れない構造にすればいいんじゃないの?って感じなんだが。。

仕事場で重いモノを持ち上げなくてはいけないので、腰に負担が掛かると言って辞める人が後を絶たない。それでリフトを取り入れたのはいいが、作業場にそれが置いてあるとかなり邪魔で、忙しいときなんか発狂しそうに思うんだが。。しかも昇降機能だけでちょっとくらい位置が高くなっても、最終的に作業員がその重いもの(20~30kg)を何度も持ち上げないといけないという、これ、役に立つのか!?と思えてならないのだが。。

そもそもこの2つとも、現場をあまり把握してない上層部の人間の対策に思う。少なくとも後者はそう。まず現場の人間の意見をちゃんと受け止めるべきだと思う。こっちはAを求めているのに、Bを与えてしてあげた気分に浸ってるって感じ。。それでやっぱり問題は解決しなくてどうしてか??ってその繰り返し。まずいちばんやってる人間に、意見を訊いてそれを素直に受け止め行動に移すべきだと思う。極稀によく分かってる人もいるが、だいたいは分かっていない鈍感な人が多いと思う。

ついでに思い出したんだが、人事もそう。面接をクリアして入ってくる人材の使えるのは10人に1人くらいで、何故この人が面接通ったのか??って思う人も。(爆)そもそもこの面接を落ちた人間のレベルってorz...って感じですよ。別に高度な技術や知識なんて要りません。健康な成人男性(←殆ど力仕事なんで女性には無理があると言うか、仕事がかなり制限されてくる。)で高卒レベル程度で充分可能です。それでも役不足な人材を投入してくるあたり、分かってないなぁ~と思うのですよ。。面接する前にこっちによこして1,2時間テスト的に業務をやらせて現場サイドが判断した方が良いと常々思う。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。