先日、シルクドゥソレイユ最新作のOVOを観てきました。

聞くところによると、この作品は女性の方がプロデュースしているみたいで、振付けとか全体的にかわいい印象を受けましたね。前回のクーザは高度なテクをこれでもかっ!って詰め込んだ感じ。芸術面、技術面で一番華やかだなと感じたのはコルティオです。個人的には。。まぁだいぶ経ってるし、思い出が美化されるタイプなんで正しい評価ではないと思いますが。

DPP_00012.jpg

今回のはわりとシンプルな印象...それゆえに直球勝負って感じかな?しかしクモにふんしたスラックワイヤーはすごいわ。。すごいと言うか、はぁ?って感じですよ。TVで武井壮(←こんな字だっけ?)が他の演目は2、3年練習したら近い感じのことが出来ると思うけど、これは一生掛かっても出来る気がしないと。ただ残念なのはワイヤーが弛んでるせいで動ける範囲が極めて限定されるとこ。まぁあんまし長いとコントロール出来ないんでしょうね。あと、コオロギにふんしたウォールという演目もよかった。しかしあんなことが出来るならロッククライミング楽勝なんじゃないかと。まぁ実際の岩場と違って登りやすいようにはなってるんでしょうが。

DPP_0002.jpg

アリにふんしたアンツの演技もなかなかかわいかったな。まぁかわいいだけじゃなく、ここでもこれはすごいわ!と思う演技を見せてくれたのですが。(正直これはかわいさ重視で大したモンじゃないと舐めてかかってましたが、参りましたって感じですわ。。) コガネムシにふんしたフライング・アクト(空中ブランコ)やバタフライのロープ技もすごかった。まぁこれはサーカスではお馴染みの演目ですよね。(無いと物足りない。)そんでフィナーレはなんとなくミュージカルな感じで女性ならではのいい感じに纏まってた感じがします。
スポンサーサイト

先日、パソコンを新しくしました。

前回の購入が2007年(VISTA)なので7年越しですね。前の前が2000年(Me)、前の前の前が1997年(95)です。

VISTAに関しては、購入当初から立ち上がりに時間が掛かるのが問題であった。(そんなモンだと思えばそれまでだが。)しかも最近はさらに時間が掛かり、それだけならまだしもようやく立ち上がって作業を開始しようと思うと、フリーズして再起動を余儀なくされる。そうなると無駄なことに小一時間費やされるのだ。さらにキーボードの反応が悪い。打ったはずの文字が飛ぶ。確実に押してるのにだ。あとは写真の処理に思いのほか時間が掛かる。一番思うのが動画の再生がギクシャクしたり、動画から静止画を切り出す時に何千枚と表示するんだけど、かなり苦しそうな感じだ。(もちろんMeだと苦しいどころの騒ぎじゃないが。)

そんなこんなでそろそろ買いかな?と思って色々チェックしていたのですよ。

そしてかなり高性能なモノを選んじゃいました。これで3、4年は優越感に浸れると思います。(笑)TOSHIBAのdynabookなんですけど、WINDOWS8、メモリ8GB、ハードディスク1TB、COREi7、ブルーレイ搭載です。ちなみにタッチパネルではないです。dynabookは初めての機種なんですけど、アウトレットで展示品(といってもほぼ新品と変わらない)の為、通常14万くらいのが12万で買えました。

少し使ってみた感想…やはり快適☆立ち上がりが速いですね。なんか1時間くらい掛かってたことが10分、15分くらいで済む。いかじゅうさんのブログにはアホほど写真が貼ってるんだけど(爆)、前のだとフリーズはしないんだけど、しばらく苦しそうな感じが見受けられたんだけど、新しいのだとスッと出る。そもそも速すぎてネットに繋いでる実感が湧かない。もともとパソコンの中に搭載されてたんじゃないか?って感じ。今ひとつ問題なことはブルートゥースマウスの反応が悪い。すぐ途切れる。よって前使ってたマウスを使ってる。デザイン・色が揃ってるからブルートゥースの方を使いたいのは山々なんだが。。

5/9 朝6時半頃起きて外に出てみると勝手口の傍で亡くなっていました。(享年15歳と1ヶ月)ここ2,3年はさすがに老犬ともあって、若い頃のように活発には動かなかったり、よく寝てることが多かったんですが(以前は寝てる姿なんて見せなかった。)、それでも食欲はあったし、散歩も毎日こなしていました。

亡くなる前日も母と夕方に散歩に行き、食事もふつうに採ったらしいです。その後少し付き添った後別れて家に入った。それからしばらくして調子が悪くなったみたいで、庭を頭が地面に着きそうな具合に垂れた状態で歩きまわった。そして子供の頃のように甘えてお母さんを呼ぶ声…様子を観に行き2,3時間付き添ったらしいです。まぁ元々甘えん坊なところもあったので、ずっと付き添っててもきりがないんで見切りをつけて家に戻った。

その後自分が仕事から帰ってきて勝手口の傍で横たわってる姿を確認した。ここ2,3年は足腰も弱ってきており、痙攣したり座り込んでる光景を時々見かけたりしていた。かと言ってヘタに手を差し伸べるのも迷惑だと思い、“大丈夫か~”と声を掛ける程度にとどめた。しかしこの日は横たわる姿がいつもにも増して重症な感じはあった。見て分かることはこれはしばらくは立って歩けないだろうな…(・x・ ).o0○ということ。

少し話しかけた後、絞り出すような鳴き声。しばらくして姿勢を変え、横たわった状態から腹這いへ。なんとなく違和感はあったけど、そのうち調子を取り戻し寝床に戻って寝るだろうと思っていた。最後に見たのは夜中の12時半頃、相変わらず腹這いで少し位置を変えた状態でお腹は動いていた。(息をしていた。)しかし今思えば息も絶え絶えだったのかもしれない。。

そして翌朝…まさかそんな突然に死が訪れるなんて!って感じです。こんなことになるんて死は免れないにしても最後はもっとしっかり見取ってやるべきだったなぁ~と少し後悔しています。それでもここ1週間はGW中は母と旅行の為、姉貴とその子供らに世話をしてもらって元気な姿をみてもらったし、亡くなる1日前は母が1日休みな為1日中付き添ってあげたし、、ある意味で幸せに満足のいく送り出しをしてやったのかなぁ~とも思うのです。自分と違って社交的な為、近所でも人気者だったし、とくにお世話になった人が弔問に来られました。

日曜の午後に葬儀をし火葬してもらうことになっています。これでホントのお別れです。淋しくなりますよぉ。。

ちょっと機会があったのでディズニー映画最新作の“アナと雪の女王”を観てきたんですけど、これ、なかなか売れてるらしいですね。一番売れた“トイストーリー3”を超えたとか。トイストーリーとかプレーンズなんかが男の子向けだとすると、アナやラプンツェルは女の子向けですよね。でも本来後者の方がディズニー映画らしいと思います。色合いとかがね。こういう夢色の世界観を求めてディズニーを観たりするんですから。。原作はアンデルセンの雪の女王とのことです。

今日は旧暦で言う“亥の子餅”の日なんだそうだ。会社の日めくりカレンダーに書いてあった。これを何気にみて、ちゃり部の胴上げのことを思い出したのさ。。

♪亥~の子 亥の子 亥の子餅は 繁盛せ~! 繁盛せい~!

これがどういうきっかけで胴上げの掛け声になったのか?ようはちゃり部の繁栄を願ってのことなのか?はたまた旅の成功を願ってのことなのか?真相は今も謎なんですよね。

ちなみに西日本で亥の子、東日本で十日夜と言うのだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。