奈良は五條の賀名生梅林ってやつです。やはり規模がすごいよね...吉野の千本桜もすごいけど、
こういうのを見ると奈良って深いな~と思います。ちょっとしたハイキング♪天気も良かった☆
スポンサーサイト



万博記念公園へも梅見に行ってきました。(*^^)v
千里中央から大阪空港へと逆方向なんですね。広い公園内をノンビリ散策してきましたよ☆
なんかアスレチックのような見晴らしの良い高台の散策コースがあって、これ、大阪万博のときに
造られたモンなんかな??



大阪城公園の梅林を観てきました☆

人が沢山いて賑わってましたさ~。

IMG_5031B.jpg

なかなか立派なカマキリがいたので撮ってみました。夜だったモンだからマクロ撮影の時上手く光が入らず、本腰入れてやる人だったらF値開放でじっくり時間を掛けて三脚とか立てて撮るんだろうけど、それも面倒だし、けっきょくフラッシュを用いてささ~って撮りましたよ。

~モンスター再始動~EOS7D後継機のEOS7Dマーク2が5年経ってようやく出るようですね。遂に整いましたかキャノンさん!って感じです。しかしこれ、映像エンジンDIGIC6を2基搭載なんてプロ仕様の1Dシリーズ顔負けなんじゃないの?って思ってしまいますね。連写性能も8枚から10枚に向上…たかだか2枚程度だが、この2枚が大きな進歩だったりする。表向きは2枚分の進歩だが、RAW画像でその性能が約3秒間持続するため31枚の連写が出来る。7Dでは25枚、70Dは秒間7枚だが2秒が限界なので15枚という結果だ。

AF(オートフォーカス)ポイントも7Dの19点から65点と大幅に増えた。めちゃめちゃ動き回るモンでも瞬時にピントが合うんじゃないの!って思うね。そんなにピントがあったら要らんところにピントが合って逆にややこしいんじゃないの?って思う。そもそも今でも19点総動員はほぼしない。1点勝負かゾーン選択が殆どだったりする。じつはこの機能まだまだ十分に使っていない。AFポイント位置も可変可能なんだが結局中央に置いたまんまだったり、いろいろカスタマイズ出来るのだが、そこまでするようなシーンに出会えていない。(ていうか私情を挟むとカメラを持って出掛ける休みがない!orz)

ISO好感度はやはり気になる。6400は過去の栄光みたいなモンで、今やもはやコンデジでさえ1万越えになっていたりする。殆ど要らない性能…そもそもこれって暗黒のジャングルの中をフラッシュ無しで動物の生態を捉えるプロのカメラマンくらいしか必要のない機能…だったりするがあるとなんだか安心するのだ。

もうひとつ注目なのがバルブタイマーとインターバルタイマー機能だ。こんなん付いてたらレリーズ要らんやん!って感じだ。しかしだ!カメラ本体にこれが付いてたら触る瞬間にわずかながらの振動でぶれるんじゃないの?って思ってしまう。あとはレリーズを使って打ち上げ花火とか撮ってる方がなんか撮ってるぞぉ~!って感じがして楽しいってのもある。多重露光機能も搭載だが、これも黒い布や板を翳しながら撮る面倒臭さを楽しんでるって気持ちがあったりするんではないか。。

まぁとにかく7Dマーク2はすごいと思う。これが多分25万くらいなのかな?6Dや5Dマーク3と比べてもかなりお買い得な気がする。戦国時代で例えるなら名将黒田権兵衛みたいなモンか。。まぁ私にはまだまだ荷が重すぎるゆえ、7Dでも十分過ぎるゆえ、買い替えることはまずもって有りません。せいぜい店頭に並んだ時にちょっと弄うぐらいで十分ですよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。